明治25年、サッポロボールの前身である開拓使麦酒醸造所として誕生した赤レンガの建物。以来、百十余年ものあいだ札幌の歴史を見守り続けてきたこの建物は、かつてビールを生産してきた機械とともに、「星を造る工場」としてふたたび稼動をはじめました。工場を 案内するのは、架空の人物「工場長」。星や天体に情熱を傾けた彼の生涯の物語と、幻想的な空間に繰り広げられる、星の夢の世界をたっぷりとお楽しみください。(天体工場のパンフレットより引用)

☆    ☆

以下はそのパンフレットを元に、私なりにキーワードを挙げてみたものです。こういった内容の展示がされていた・・ということが片鱗でも伝わればと思います。

天体図書館

ティコ・ブラーエ - 天体観測器具 - 光学理論 - 9つの机 -工場長の夢想

星座資料室

天地縁儀 -天運解読機 -コイン - 誕生日の夜空 - 星占いーメッセージ

記憶倉庫

プレゼント - 世界への旅 - トランク - プラネタシアター - コレクション - 夢

星造工房

闇 - 光 - 仕込み - 液化 - 光化 - 情熱 - 煌めき - 星空製造工程 - スタアダスト

☆    ☆

(このページのベースとなったパンフレットはあまはらかずさ様に提供していただきました。どうもありがとうございました。)