-- ゴーシュナイト --

他の人々は言った、月は透明度の大きい部分と小さい部分とから構成されている、ちょうどある部分は蝋石のごとく、どこか他の部分は水晶もしくはガラスのごとくである。その結果は、太陽がその光をもって透明度の小さい部分にあたるとき。光は表面にとまってしまうであろう、同様にごく緻密な箇所は輝かされるだろう、また透明な部分はその暗い深淵の陰をさらけだすことになるであろう。(『レオナルド・ダ・ヴィンチの手記』)