-- アメシスト3 --

支倉冬子は灰色の洋服をきていて、首にぴったりついた紫水晶のネックレスをしていた。エルスのほうは黒い、背中のくれた洋服を着て、小さな珊瑚のブローチのようなものが胸を飾っているほか、装身具らしいものはなかった。(辻邦生『夏の砦』)