-- ぶどう石 --

写真では白黒の線しか分からないのであるが、眼で見た時は、細かい小凹凸があるために、繊細なあの模様の縁に空の光が反射して、水晶細工のような微妙な色が見える。水晶の針を集めたような実物の結晶の巧緻さは、普通の教科書などに出てくる顕微鏡写真とはまるで異なった感じであった。(中谷宇吉『雪』)